永久脱毛

永久脱毛

「永久脱毛」。女性なら一度は憧れる言葉ですね。

しかし金額が高そうで無理…そう考える方も
多いと思います。

 

平均の相場を考えてみても全身30万円、
気になるワキやビキニラインも5万円〜15万円と
なかなか手が届く金額ではありませんね。

 

今や脱毛は身だしなみのひとつとして欠かせないもの
となっています。これから夏に向けて気になる部位も
増えてくるでしょう。

 

そもそも脱毛処理は古代ギリシャやローマから
行われていたという説があります。
まだカミソリなどが無かったこの時代、鋭利な石器や
貝殻を使ってそっと削るように剃っていた、
と推測されています。

 

また、体毛を汚らわしいものとして宗教上の
婚姻のときなどは花嫁側に施されていました。
現代も結婚式をあげる予定の花嫁さん用に
ブライダルシェーピングなるものが用意されていますね。

 

普段はそこまで気に掛けることのない背中の産毛なども、
結婚式のドレスを着る前に処理しておきたいですね。
現代ではクリームなどの自己処理においても様々な
脱毛剤がありますが、そのようなものがまったく
なかった古代には、香料を入れ粘り気がある
クリーム状の油脂や細かい気泡が多くある軽い石や
火山灰を混ぜた粘り気のあるものを使用したと言われています。

 

また、クレオパトラや、フランスでトランプのクラブのキングの
モデルとされているアクレクサンドロス3世(アレキサンダー大王と
も呼ばれています)の部下が創始したプトレマイオス朝の
お墓にもお清めとして、剃刀が存在していたとされています。

 

そして日本でも平安時代などでは、表面がなめらかで、
2枚合わせても揃わない二枚貝の縁で額の生え際を
そろえるために使用されていました。このように
除毛していくということは、高貴な位を示す証だったとされています。

 

それが後世まで受け継がれたのか、脱毛イコール神聖・美しい
というイメージがあるのかもしれません。しかし毎回自己処理するのは
イマイチ綺麗に剃りきれないし、肌を傷める原因にもなりかねる。
そう言ってしないわけにもいかない…そんなジレンマを抱える人はたくさん
いると思います。そこで「永久」に脱毛ができれば、こんな苦労もないのに!
と悩める老若男女へ永久脱毛のアドバイスをしていきます。

永久脱毛を始める時期

永久脱毛

夏場は肌の露出面積が増えますから、夏までには

永久脱毛を終わらせておきたいという人が多い
と思います。そのためには自分の毛の生え代わる
サイクルや希望している脱毛方法を考慮した上で、
カウンセリングを含めて計画を立てることが必要になります。

 

一般的に脱毛を始める時期として適していると言われているのが、
9月頃です。
まだ残暑が厳しいころですね。理由は、
レーザーで永久脱毛を目指す場合、2カ月に1度の
ペースで脱毛していき、個人によって差はありますが、
効果が見えてくるのが4回〜6回目ぐらいだと言われて
いるからです。

 

そのため、少なくても1年または1年半ほど見ておいたほうが
良いでしょう。今年の夏に思うように水着やノースリーブなどの
露出の多い洋服を着れなくて後悔してしまった人は、
早めに予約を取るようにしましょう。また、永久脱毛を
するのに適さない時期もあるので注意が必要です。

 

まず、4月から5月頃は紫外線が強くなる時期になるため、
施術をしたあとのデリケートな肌には刺激が強すぎます。
弱った肌には細菌などが入りやすく、トラブルの原因となってしまいます。
それから5月から6月頃にも注意が必要です。この時期は夏に向けて
脱毛しなくては!と躍起になる人が毎年たくさんいるため、
予約を取るのが大変困難になってしまうためです。でも昨年の
9月から始めていれば、混み合ってくるこの5月から6月頃には、
たいぶ効果がでてきて人より早く夏を先取りできますね。
ミュゼ 倉敷・・・倉敷市で脱毛サロンをお探しならミュゼプラチナムがイチオシです。